西武・多和田&山川9、10月月間MVP 史上初!コンビで同一シーズン2度目

セ・パ両リーグは16日、9、10月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、パは投手が多和田真三郎投手(25)、打者が山川穂高内野手(26)の西武勢が選ばれた。
「大事な時期にいい結果を残せて良かった」と優勝争いの大詰めで白星を積み重ねたことに胸を張った。山川は打率3割3分3厘、いずれもリーグ最多の11本塁打、28打点で、通算4度目の受賞。「一番大事なときにしっかり打てたのが一番うれしい。
最初と最後を取れたのはいい区切りになると喜びを語った。セは投手が巨人の菅野智之投手。3完封を含むリーグトップの4勝、防御率1・10、44奪三振をマークした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。