CSファイナルS ホークス工藤監督が語った“獅子退治”の鍵「勇気を持って」

獅子vs鷹。
16日は午前中に先発投手陣だけがヤフオクドームで調整を行い、午後に空路で敵地へと向かった。工藤公康監督はヤフオクドームで取材に応じ、ファイナルステージのポイントを語った。「西武は打って、打ってのチーム。」
そこに対してピッチャーが勇気を持って投げ込んでいけるかが鍵になると思っている。なんとかそこをやって、相手の思い通りの試合展開にさせないようにしたい。(9月は)先取点を与えたことで逆転できなかったり、そこから差を広げられたりして終わってしまった。
投手が前半踏ん張って、自分たちのペースでやっていくことが大事 今季、敵地メットライフドームでは2勝10敗と大きく負け越した。特に勝負の9月は、2度目の3連戦で5連敗を喫し、マジックを1にまで減らされた。
目前での胴上げこそ回避したものの、屈辱の5連敗だった。その5試合では序盤、特に初回に先制点を奪われて劣勢に立たされ、押し切られる展開が目立った。千賀滉大がやられ、大竹耕太郎が獅子打線に襲われた。
西武を叩くには、強力な打線を封じることが大前提となり、先発投手の踏ん張りが不可欠となる。「100パーセント封じるのはなかなか難しい。ただ(勢いに)乗ってくる、乗ってこないという、キーになる人を見つけていって。」
勇気を持って投げ込んでいくことが大事。必ずどこかに嫌いなところ、嫌いなコースがあると語った工藤監督。第1戦はバンデンハーク、第3戦には中4日でミランダ、千賀を投入する。
バンデンハークは今季メットライフドームで防御率10.06、プロ入り以来白星のない鬼門となっている。はたして、ソフトバンク投手陣は西武打線を封じられるのか。大きな勝負のキーポイントとなるだろう。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。