「このまま終われない」―血豆で乱調&降板の西武菊池、中4日で第6戦先発も

■ソフトバンク 10-4 西武(17日・メットライフ)  クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが17日、メットライフドームで開幕。
もしくはこれが勝ち上がってきたチームの勢いなのか。「彼の全力を出し切れば十分に勝てると、辻監督に送り出された菊池。初回、4番・柳田に「得点圏にランナーがいたので、勝負に行った」(炭谷)インコース高めのストレートをうまく捉えられ、先制点を与えてしまう。
続く2回、先頭打者・中村晃に二塁打を許したものの、その後は粘りのピッチングを見せ、2、3回を無失点。しかし、立ち直ったかに見えた菊池にアクシデントが起こる。「ちょっと指がおかしかったよね。」
血豆ができていたから」(辻監督)試合中、菊池の指に血豆ができ、4回には、はっきりと指先を気にする仕草を見せ始めた。試合後、捕手の炭谷は「それぞれのボールは良かったんですが、コースがばらついていて、ちょっと心配というのはありましたけど、1回から3回までは問題なかった。
それが3回くらいから、スライダーの曲がりがばらつき始めて、4回には血豆の影響もあって。コントロールは、ここ最近で一番悪かったと振り返った。制球のきかない状態で2死満塁のピンチで1番・川島。
「左投手のストレートは、ホームランになることがある」(炭谷)と、選択したスライダーを捉えられ、逆転打を浴びてしまった。血豆の影響で「スライダーが曲がらなかったから」と辻監督は語ったが、エースは「それは関係ない」と責任を一身に背負った。その後、連打を浴び4回に一挙5失点。
結局、5回6失点と試合を作ることはできなかった。指揮官は「もちろん行かなきゃいけないでしょう。指の状態は心配だけど、あれだけ気合が入っていたんだから。」
不完全燃焼でしょと中4日、第6戦での登板を示唆すれば、「僕自身もこのままじゃ終われない。もう一回行きたい気持ちが強いと菊池自身も雪辱への強い気持ちを語った。エースを立てての初戦敗戦。」
しかし、辻監督に焦りはない。「まだ1勝1敗。さあいよいよ明日からガチンコ勝負。」
「点を取られても、ホームランでしたが1点取り返した。そういう野球をしておけば、明日にもつながる」。アドバンテージの1勝1敗。
まだ戦いは始まったばかりだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。