【パCS】西武が2発13得点で打ち勝つ!栗山は3安打6打点

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦(18日、メットライフドーム)は1位の西武が2位のソフトバンクに13―5で大勝。
3回には栗山が適時打などで4点を追加。レギュラーシーズン同様、11安打13得点で派手に打ち勝った。投手陣は先発の最多勝右腕・多和田が5失点(自責点4)ながらも6回には栗山が適時打を放ち、7回には源田、6回を投げきり、増田、マーティン、ヒースが鷹打線に追撃を許さなかった。
ソフトバンクは2回7失点の先発ミランダをはじめ救援陣も振るわなかった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。