【矢野燿大という男・下】心の底に根ざすいつも誰かを思う気持ち

阪神の第34代監督に、今季2軍監督を務めた矢野燿大氏(49)の就任が決まった。
 ◇  ◇ ひと言で表すなら、「気配りの人だろうか。選手、コーチ、裏方さん、記者に対しても、いつも目線を相手に合わせて接してきた。野村監督の下でプレーし、捕手としてのイロハを毎日勉強していた頃。」
“暗黒時代”と呼ばれる期間だった。試合に負ければ野村監督から「矢野が悪い」「矢野の責任」と言われた。翌日の新聞には容赦なく、自分が叩かれている記事が載った。
「あの時は、新聞を開けなかった」。酒が飲めない新監督。遠征先での食事後は、2軒目に喫茶店へ。
「コーヒーを口にしながら、当時の“苦い経験”を振り返った。現役時代、試合に敗れてクラブハウスへ引き揚げる通路では一切、笑顔を見せて、それをピッチャーが見たら良くないのよ」。
チームの勝敗を背負う覚悟が、垣間見えた。愛用のミットにオイルを塗らなかった。
「年下の安藤が言ってきてくれたんだから。女房だからさ、気持ちよく仕事をしてもらわんとね」。誰かを思う気持ちはいつも、心の底に根ざしている。
ファーム日本選手権の前には「みんなでやりたい」と全員野球の姿勢を示した。日本一を勝ち取った試合後、出番のなかった中継ぎ投手には「すまんかった」と声を掛けた。2軍監督として、最後まで気配りを忘れなかった。
耳に残っている指揮官の言葉がある。「チャレンジしてるヤツって、カッコいいじゃん」。鳴尾浜から甲子園に舞台が変わっても、矢野新監督の「挑戦」は続いていく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。