スピードアップ賞 中日京田2年連続受賞で賞金倍増

日本野球機構(NPB)は18日、試合を迅速に進めた選手およびチームに贈る「ローソンチケット スピードアップ賞」を発表した。
多和田は11・7秒)だった。パ2位は日本ハム・マルティネス(11・4秒だった。京田は、無走者時の相手投手の平均投球間隔が11・7秒)だった。
新人年から2年連続の受賞で特別表彰選手となり、賞金が50万円から100万円にアップした。セ2位は阪神糸原健斗(11・5秒)だった。ルーキー藤岡は12・0秒だった。ルーキー藤岡は12・0秒だった。
パ2位はロッテ井上晴哉(12・0秒)だった。京田以外の各選手には賞金50万円が贈られる。チーム表彰は最も9回試合の平均試合時間が短いチームが対象で、セが巨人で3時間6分だった。京田以外の各選手には賞金50万円が贈られる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。