中日 退任のコーチ陣があいさつ 森脇氏「森監督と一蓮托生」 近藤氏「責任を取らないと」

今季限りでの退任が発表された中日の森脇浩司野手チーフコーチ(58)が18日、ナゴヤ球場を訪れ、秋季練習中の選手たちに退任のあいさつを行った。
今年晴らせなかったものを来季こそ晴らしてくれると期待を持っていると話した。また、同じく今季限りで退任する近藤投手コーチは「責任を取らないといけないと自分の中で十分に感じていた」と謝罪。チーム防御率4・36はリーグワーストで「若い選手を使いながらとやってきたが、中々上手くいかなかった」と振り返った。
森脇、近藤両コーチに加え、球団はこの日、土井正博打撃コーチ(37)の計5コーチと来季の契約を結ばないことを発表した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。