西武、投手陣崩壊で黒星発進 先発の菊池が5回6失点

失点を重ねるごとに、満員のメットライフドームの観客席からため息がもれた。
チームが逆転した直後の四回に2死満塁のピンチを招くと、3者連続適時打を浴びてこの回だけで5点を献上した。左手にできたマメの影響もあり、結局5回6失点で降板。「初戦を取るのが僕の役目だったので悔しい」。
言葉には無念さがにじんだ。それでも、打線は2本塁打を放ち、左脇腹を痛めていた外崎も途中出場した。「明日につながると辻監督。」
敗戦をひきずることなく、第2戦で仕切り直しを図る。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。