【巨人】先発の今村、3回途中で降板

◆2018 マツダ クライマックスシリーズ セ 広島―巨人(19日・マツダスタジアム)  広島に王手をかけられ後のない巨人は、今村が先発。
2球で先制を許した。その後は会沢、安部と内野ゴロに抑えるが、この間に野間が生還し追加点。3回にも2死から丸に右越えソロを浴び3点目、続く鈴木に四球を与えたところで、高橋監督は野上をマウンドに送った。
打線は2回に岡本の当たりが三塁への失策を誘い二塁へ。その後一、二塁とチャンスをつかんだが無得点に終わった。3回を終え広島先発・九里の前に無安打5三振に抑えられている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。