【MLB】フィリーズ今オフ補強候補に西武・菊池 米メディア「補強ポイントに合致」

西武の菊池雄星投手は今季終了後のメジャー挑戦の可能性が高まる中、米メディアでは大補強の予想されるフィリーズの補強候補に挙げている。
「我々の先発ローテーションは右腕偏重過ぎる。もう少し左腕を獲得できることを祈っている」 先発左腕の名前を挙げている。ビッグネームが並ぶ中、菊地は4番手に名前が挙がっている。
まずはドジャースのメジャー最強左腕クレイトン・カーショー投手。2年総額約7000万ドル(約78億円)の契約をオプトアウトする可能性が高まっているという。続いてジャイアンツの強打でも有名なエース、マディソン・バムガーナー投手。
ジャイアンツはかつてのワールドシリーズMVPの来季の契約オプションを保有しているが、チーム再建のために放出する可能性は残されているという。さらにダイヤモンドバックスから今季限りでフリーエージェントとなるパトリック・コービン投手。今季は11勝7敗、防御率3.15と活躍。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。