もしの坂本勇人が夏の甲子園に出ていれば…人生を大きく変える「聖地」という場所

巨人の主力としてチームを支えている坂本勇人だが、光星学院(現八戸学院光星)時代は全国区の選手ではなかった。
プロ野球のスカウト陣は高く評価し、吉田自身も大学進学からプロ志望に気持ちが変化していきました。改めて甲子園の影響は大きいなと感じながら、私は坂本のことを思い出しました。高校3年時のセンバツ。
ショートで軽快な動きを見せる坂本に、これはいい素材だぞと感じました。
準決勝の東北戦では、レフト、センター、ライトに1本ずつ計3本の本塁打をたたき込みました。当時からバットコントロールに優れ、ボールを運ぶようなスイングは今と変わりはありません。本塁打をたたき込みました。当時からバットコントロールに優れ、ボールを運ぶようなスイングは今と変わりはありません。
しかし坂本の場合は、フルスイングではなくリストを使ってボールを運ぶスイングで、木製バットにも十分に対応できるなと思いました。ショートの守備でも守る範囲が広く、スピードもありました。しかし、夏の青森大会決勝で青森山田にまさかの敗退。
これで私の計算も狂いました。甲子園に来れば、間違いなく他のスカウトも高評価を与えるはず。そうなれば文句なしに1位でいけると思っていたのですが、結局センバツが終わってから生で見たのは私だけ。
スカウトの間で評価の高かった愛工大名電の堂上に対抗しようにも、私しか見ていなかったので強くプッシュしきれませんでした。実際、その年のドラフト会議では高校生ドラフト1巡目で堂上を指名。阪神、巨人、中日が交渉権を獲得しました。
ここまではしょうがないですが、問題は外れ1位です。長崎日大の野原はスケールがあって豪快な打撃が魅力だということを他のスカウトに言われ、指名することになりました。この時、強く坂本を推していれば…。
結局巨人が外れ1位で坂本を指名し、入団。現在の彼ら3人の姿を見れば明暗は一目瞭然です。自分がもっとしっかりしていればよかったという気持ちでしたが、その年以降、阪神は1人の姿を見れば明暗は一目瞭然です。
もし坂本が夏の甲子園に来ていたら、どうなっていたでしょうか。おそらく堂上も野原も問題にならないほど、評価が上がっていたはずです。そして競合となり、坂本は違う人生を歩んでいたかもしれません。
甲子園は出る出ないで人生が変わる、それほど影響の大きい場所なのです。◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。
ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。
13年限りで退団した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。