広島が日本S進出に王手、菊池決勝3ラン 広4-1巨

広島は、2番打者の菊池が終盤八回に値千金の勝ち越し3ランを放ち、巨人に連勝。
田中が四球を選んで2死一、二塁の好機に菊池はカウント2-1からのカットボールを強く振り抜いた。「当たりが詰まり気味だったので左中間を抜けてくれたらと思っていた」。角度良く伸びた打球が左翼席に飛び込むと、一塁のベースを回ったところで右の拳を高々と突き上げた。
試合を決定づける3ランにスタンドのファンは総立ちで沸き返った。レギュラーシーズン中は打率2割3分3厘と打撃不振が続いた。背番号33は「シーズン中は苦しんだけど、いいところで打ててよかった。」
声援で打たせてもらったとスタンドのファンに感謝した。緒方監督は「菊池が本塁打を打つとは思っていなかった。厳しい状況からひっくり返して勝ちきるチームの底力を大舞台で出してくれた」と目を細めた。
打撃では目立たなかった守備の名手が短期決戦の大舞台でしっかりとバットで存在感を示した。日替わりでヒーローが出るチームの勢いは止まりそうにない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。