広島・新井、衰えぬ“さばく技術” 得意のフォーク撃ち 打率・545

◇セ・リーグCSファイナルステージ第2戦 広島4―1巨人(2018年10月18日 マツダ)  【データ+1】広島・新井は畠が2ボール2ストライクから投じた6球目のフォークを叩き、決勝二塁打とした。
巨人バッテリーは、カットボールと直球で追い込みながら、5、6球目はいずれもフォークを勝負球に選び、最後は低めの難しいコースを痛打された。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。