西武秋山、CS初安打の裏にあった浅村の気遣い 「いじってくれるだけで全然マシ」

■西武 13-5 ソフトバンク(18日・メットライフ)  西武・秋山翔吾外野手に待望のシリーズ初ヒットが生まれた。
本拠地メットライフドームに待ちに待った快音が響いた。7回1死一、二塁。カウント1-2と追い込まれながら外角のフォークボールをうまく拾い右前適時打。
試合を決定づける10得点目を挙げた。「楽な場面で打たせてもらった。チームにそういう機会、そういう展開で回してもらったというのは、ありがたかったです 秋山はチャンスを作ってくれたナインに感謝の言葉を並べた。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。