「缶詰め状態や…」/矢野新監督

前日18日に就任会見に臨み、阪神矢野燿大新監督は一夜明けも精力的に動いた。
現状。今年もドリスがやって。ドリスも、もちろん候補やし、今年の球やったら、球児でも「よし、いこう」という感じになるのは当たり前のことかと思うし。
「あり得るんじゃない」。現役時は名コンビとして、優勝した05年は2人で最優秀バッテリー賞に輝いた。9月下旬に藤川が右肘痛で一時離脱すると2軍監督だった矢野監督と話す機会があった。
「プライベートというか、俺も監督をやると思っていないから普通に話はした」。その他の一問一答は以下の通り。-球団事務所にいたドラフトも外国人も。
(映像も)見たよ。缶詰め状態や…。俺自体も遅れている。
もっと早い段階でやることやろうから。長い時間になるけど、仕方ない。-2、3時間くらいやったなあ。
-選手と話していない選手、来てたん? そのまま事務所の方に行ったし。誰にも会っていない。
中継ぎは、すごくいい勉強ができるから。チームでみんなが先発からつないできてくれて、自分が負ける。先発投手の勝ちを消してしまう。
すごいプレッシャーがかかるのよ。それを分かった上で先発をやるのは俺はいいかなと思うけど、中継ぎはいい勉強できるし。望月は球も速いし、ウイニングショット、結果球の精度はもっともっと上げていく必要があると思うけど、素材的には抑えやエースになれるくらいの素材やと思っているから。
どこでどう使うかはちょっと今は分からんけど。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。