【ソフトバンク】工藤監督ズバリ!初スタメンの内川に一発

◆2018 パーソル クライマックスシリーズ パ 最終S第3戦 西武4―15ソフトバンク(19日・メットライフドーム)  パ・リーグのCS最終S第3戦は、リーグ2位のソフトバンクが15―4とリーグ1位の西武に圧勝。
工藤監督の勝負手が的中した。今CSで初めてスタメン起用した内川がソロを放つなど、16安打でCS最多タイの15点(プレーオフでは77年第1戦の阪急18点が最多)を奪った。右肩痛や右膝痛に苦しんだ内川は最終Sから1軍に昇格。
2戦目までは代打での出場だったが、6回の本塁打など2安打を放った。横浜時代の08年以来の7番起用にも「何番でも打たないといけないことに変わりはない」と、CS最多の3度のMVPを誇る主将が本領を発揮した。代わりに松田宣を外した工藤監督は「苦渋の決断。
なかなか、ここまで勇気がいったことはないと説明した。途中出場で無安打の松田宣は今年のポストシーズン、22打数4安打の打率1割8分2厘となったが「勝ったんでいいんじゃないですか」とチーム一丸を強調した。途中出場で無安打の打率1割8分2厘となったが「勝ったんでいいんじゃないですか」とチーム一丸を強調した。
同じ第3戦での大胆采配で再びチームを勢いに乗せた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。