【ドラフト連載】〈3〉明大・渡辺佳明、「渡辺監督の孫」から大学屈指のショートに

プロ野球ドラフト会議が25日に行われる。
 *  *  * 「プロ一本でいきます」。真っすぐなまなざしで力強く宣言した。渡辺は横浜高の監督として歴代4位タイの甲子園通算51勝を挙げた名将・渡辺元智氏(73)を祖父に持ち、巧みなバットコントロールで安打を量産する大学球界屈指のショートだ。
横浜高時代も「5番・一塁」で甲子園に2度出場。“祖父孫鷹”として注目を浴びたが、スポットライトはいつも祖父の方に向けられていた。「高校の時は、あんまりでしたね」。
同期に浅間、高浜(ともに現日本ハム)がいたスター軍団の中で、選手としては決して目立つ存在ではなかった。だが、大学で心身ともに大きく成長した。堅実な守備を買われ、1年春からリーグ戦に出場。
三塁手で2度、遊撃手で1度と計3度のベストナインを受賞した。大学日本代表には3年時から2年連続で選出。東洋大の159キロ右腕・甲斐野央には、配球や投手心理を聞き、自身のレベルアップにつなげた。
今秋はプロ入りに向けて猛アピールした。打率4割1分9厘はリーグトップで、通算92安打は現役最多。20日からの立大との最終カードで100安打の大台に挑む。
調査書は7球団から届き、地元・横浜のDeNA・河原スカウティングディレクターも「広角に打ち分けられ、選球眼もいい。内野ならどこでも守れる実戦的な選手」と注目している。「もし悪い結果になったとしても後悔はありません」。
己を信じ、進化を続ける渡辺が運命の時を待つ。(森下 知玲) ◆渡辺 佳明(わたなべ・よしあき)1997年1月8日、横浜市生まれ。21歳。
小学2年から野球を始め、中学時代は中本牧シニアに所属。横浜高では1年秋から一塁のレギュラーで2年夏、3年春の甲子園に出場。大学では3、4年時に日本代表。
リーグ戦通算88試合で打率3割1分1厘、0本塁打、31打点。180センチ、77キロ。50メートル走6秒2、遠投110メートル。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。