ソフトバンク2年連続日本シリーズ進出王手 柳田&甲斐2ラン競演 西武は森が負傷

「パCSファイナルS・第4戦、西武2-8ソフトバンク」(20日、メットライフドーム)  レギュラーシーズン2位のソフトバンクが、1位の西武を下し、対戦成績を3勝2敗として、2年連続の日本シリーズ進出に王手を懸けた。
早々と継投に入ると、中継ぎ陣が西武打線の反撃を封じ込んだ。七回には、打線が4四球と単打2本などでつないで一挙4点を加え、投手陣を援護。九回は6点リードにも守護神・森を送り込み、三者凡退で試合を終えた。
一方、西武は初回に扇の要で打力もある捕手の森が、デスパイネの空振り後のバットが左手首付近に当たって負傷交代するアクシデント。先発した今井も、序盤で4失点を喫した。
西武は日本一となった2008年以来の日本シリーズ進出へ崖っぷちに立たされた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。