江本氏が感じた広島と巨人の“下位打線”の差

セCSファイナルステージ第3戦 ○ 広島 5 - 1 巨人 ● <10月19日 マツダスタジアム>  19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファイナルステージ 第3戦 広島-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、広島と巨人の下位打線の差について言及した。
2回の攻撃”が結果的に、勝敗を分けたといえるだろう。江本氏は「そもそも広島の下位打線と巨人の下位打線を比べちゃダメですよ。」
今年の広島は、下位打線が繋がっていますし、点の取り方に余裕がありますよねと語った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。