西武今井悔しCS初登板、2死から被弾繰り返し

<パCSファイナルステージ:西武2-8ソフトバンク>◇第4戦◇20日◇メットライフドーム 西武の先発今井達也投手(20)は、4回2/3を被安打6の4失点で降板した。
「調子は悪くなかった。2死を簡単にとって、3人目もポンポンと行きたいところで、ボール先行になってしまった」と振り返った。初めてのCSは悔しい結果に終わり、2勝3敗でソフトバンクに日本シリーズ王手をかけられた。
「勝てなくて悔しい。期待に応えられなかった。努力不足です」と反省していた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。