阪神・矢野監督 お立ち台で「チームに貢献」発言は「俺、すごく嫌い」…TV出演で

阪神・矢野燿大新監督(49)が、20日放送のABCテレビ「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(土曜、前9・30)にインタビュー出演した。
桧山氏が「暗黒時代ですね」と応じると、矢野監督は「だから俺、ヒーローインタビューで「チームの勝利に貢献するように頑張ります」とか、そういうのはすごく嫌いと述べた。今年、2軍監督を務めてファームで日本一に導いた矢野監督は「だから俺、ヒーローインタビューで「チームの勝利に貢献するように頑張ります」とか、そういうのはすごく嫌いと述べた。今年、2軍監督を務めてファームで日本一に導いた矢野監督は「今年は2軍でも「お前をアピールしてこい」と。
今後も「ファンの人が来てくれるのは当たり前じゃないよというのは、これからも伝えて行きたいなと思います」と語った。インタビュー収録は18日の就任会見の直後に行われたが、桧山氏が「これ僕が言うてるんじゃなくて「正義のミカタ」がねえ…」とニヤリとして、矢野監督はボードに「前へ、前へ!」と書き込み「僕も覚悟決めましたし、選手もそういう気持ちで前へどんどん進んでいきながら、プレーしてくれるのが僕の理想で、それがファンが喜んでくれることにつながると信じてます」と語った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。