龍谷大平安、天理との激戦制し8強…高校野球秋季近畿大会

「高校野球 秋季近畿大会1回戦・龍谷大平安4-3天理」(20日、ほっともっとフィールド神戸)  今夏の甲子園に出場した龍谷大平安(京都3位)が、天理(奈良1位)との接戦を制して8強へ進出した。
原田英彦監督は「初回の攻撃を3人で終わってくれて、すごくい形で攻撃に入れた」。直後の攻撃では旧チームの1番で、主将・水谷祥平外野手(2年)が、先制の中越え2点二塁打を放って先制した。四、六回にも1点ずつを追加。
九回に好投を続けていた豊田が、1点差に迫られる2ランを許した。さらに2死から四球を与えて降板したが、2番手・野沢秀伍投手(2年)がリードを守り抜いた。豊田は「(背番号1の)自覚と責任を持ってやっている。」
最後(の降板)は悔しい気持ちがあったけど、勝ててよかったとホッとした表情を見せた。原田監督は、奈良大会の全5試合で2桁得点を記録し、計68点を挙げていた天理打線を封じた投手陣を称賛。「天理さんは圧倒的な力で勝って来ていたので4、5点は覚悟していた。」
新チームでこういう試合をできたことは、初めてだし、プラスになると手応えを口にした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。