<プロ野球CS>頼みの打線沈黙 西武5安打で完敗

○ソフトバンク8-2西武●(メットライフ・20日)  頼みの打線が沈黙した。
代わったばかりの2番手・武田をとらえて1死二塁とし、打席には秋山が立つ。しかし初球のカーブを打ち上げて左飛。後続も好機を生かせずに無得点に終わり、反撃の機運は急速にしぼんだ。
チームの中心打者に元気がないのが痛い。秋山は今ステージここまで第2戦の1安打のみ。夏場以降、本塁打を量産した中村も4試合でわずか1安打のみ。
この日も六回1死二、三塁の場面で3球三振に倒れるなど、攻撃の流れを止めた。それでも嶋打撃コーチは「相手も良い投手がどんどん来るから、簡単にはいかない。振り返るよりも、次の試合でどう打つか」と強調する。
相手に日本シリーズ進出王手をかけられ、後がなくなった。「次が今季最後(の試合)になるかもしれないが、全力で戦うしかないと辻監督。パ・リーグ王者の意地を見せられるか。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。