【ソフトバンク】柳田、チーム初の下克上へ今CS初アーチ「あとひとつ勝ちます」

◆2018 パーソル クライマックスシリーズ パ 最終S第4戦 西武2―8ソフトバンク(20日・メットライフドーム)  ソフトバンクが、柳田の今CS初本塁打で日本シリーズ進出に王手をかけた。
柳田がゆっくりと走り出した。初回2死一塁。今井の外角高め直球をしばき上げた。
白球は高々と舞い上がり左翼席に着弾する先制2ラン。「力を抜いてカチ上げる感じです」。独特の言い回しで今CS7試合目で飛び出した待望のアーチを表現した。
CSでは15年の最終S以来、3年ぶりアーチは逆方向への“規格外”の一発。それでも「ホームランやと思いましたよ。上がり過ぎかなと思ったけど打ち方、スイングが良かった」とサラリと振り返った。
だが周囲の反応は違う。「何といっても柳田のホームラン。あいつは(左翼方向へ)右の打者より飛ぶからね。」
「前へ伸びていく」。同じ左打者で通算868本塁打の王球団会長も驚きの声をあげた。バットだけではない。
一塁走者だった7回2死満塁ではデスパイネの三遊間へのゴロで、ダイビングキャッチした源田は二塁封殺を狙ったが、快足を飛ばしセーフにした。適時内野安打となり、この回の4得点につなげた。「あれはイメージしていた通り。」
大きかったと思いますと胸を張った。“夢舞台”に一歩近づいた。この日の試合前「あと2つ(2勝)っすね」とうれしそうに笑った。
セ・リーグでは広島がCS最終Sで敗退したため、かなわなかったが、今年は突破すれば地元の家族、友人らに雄姿を見せることができる。
大きなモチベーションが豪快なプレーに表れた。柳田の先制弾を号砲に効率良く得点を重ね、11安打8得点。4試合全て5点以上で38得点となり、CS同一ステージの最多得点となった。
04年以降のプレーオフ、CSで過去3度、リーグでは唯一、下克上を許しているタカが初の下克上を許しているタカが初の下克上を許しているタカが初の下克上へ王手をかけた。
リーグ連覇を逃し、2位に終わった悔しさを晴らす瞬間は、もう目前だ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。