【侍U-23代表】熱血モリーナ監督が猛抗議も… プエリトリコはドミニカ共和国に敗れ黒星発進

野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」が19日(日本時間20日)、コロンビアで開幕し、カージナルスのメジャー現役捕手、ヤディアー・モリーナが監督を務めるB組のプエルトリコが、初戦でドミニカ共和国に6-9で敗れた。
この抗議でルール確認が行われ、試合が約25分中断するハプニングも。結局この抗議でルール確認が行われ、試合が約25分中断するハプニングも。結局この抗議でルール確認が行われ、試合が約25分中断するハプニングも。
プエルトリコ代表の公式ツイッターは試合後、モリーナ監督のコメントを配信。「難しい試合だった。ドミニカ共和国はいつもいいチームを作ってくる。」
相手の本塁打は投手たちの甘い球を打たれたので残念。だが、攻撃的に戦ったことには満足している。この先も100%の力を出して戦っていきたいと振り返った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。