福知山成美8強進出 軟式出身最速133キロ小橋10安打浴びながら完投

「秋季高校野球近畿大会・1回戦、福知山成美5-4神戸国際大付」(21日、ほっともっとフィールド神戸)  福知山成美(京都1位)が、神戸国際大付(兵庫2位)に競り勝って8強へ進出した。
九回は3点を奪われて1点差まで迫られたが、ベンチに向けて「行けます!」と合図を送って続投。リードを守り抜いた。福知山市出身で、聖和中の軟式野球部出身。
最速133キロの直球と、スライダーとカーブを丁寧にコースへ投げる投球が持ち味だ。気持ちも強く、「球速はないので低目に集めたら打たれないと自信を見せる。4強入りがかかる準々決勝は、履正社(大阪1位)と対戦する。」
「あと1勝したいですね。履正社はもっと打ってくると思うけど、もっとコースへ投げていきたい。後ろにもいい投手がいるので全員で勝ちたい」。
2014年センバツ以来となる甲子園出場へアピールする好投を誓った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。