近江センバツ厳し、林12安打5失点「自分のせい」

<高校野球秋季近畿地区大会:報徳学園5-2近江>◇21日◇1回戦◇ほっともっと神戸今夏の甲子園で8強入りした近江(滋賀1位)が同じく8強の報徳学園(兵庫3位)に敗れ、来春のセンバツ出場が厳しくなった。
「ストレートも走っていて、自分の中で今までで一番感覚が良かった」と手応えもあったが「それが裏目に出て、上半身の力が入って変化球を低めに集めることができなかった」と自らの投球を分析した。エース番号を背負い、前チームから正捕手を務める有馬諒(2年)とともにチームの軸になる。「この秋は自分が甲子園に連れて行くという思いでやってきた。
夏は必ず甲子園に戻りたいと林は前を向き、力強く話した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。