MVPの柳田「監督って大変だなと思いました」 ソフトバンクCS優勝会見全文

◆パ・リーグCSファイナルステージ:第5戦 西武5ー6ソフトバンク(21日・メットライフドーム) レギュラーシーズン2位のソフトバンクが10年ぶりにリーグ優勝した西武を4勝2敗(アドバンテージの西武1勝含む)で下し、2年連続の日本シリーズ進出を決めた。
その上でしっかり勝てるように柳田 また大舞台で野球ができるんだと、ワクワクしています。-2位からの進出は球団史上初めて工藤 本当に、シーズンで優勝できなかった悔しい思いを持てCSに臨んで、しっかり勝てたことが選手たちの何よりの自信になった。
しっかりと自信を持ってパ・リーグの代表として戦わないといけない。覚悟というかもう一度ファンの皆さんと日本一になるんだと、強い思いを持って、選手にも今日で終わりじゃない、ここからなんだというものを持っていかなきゃと言いたいと思います。柳田 シーズン中、悔しい思いをした。
個人的にもメットライフ(ドーム)ではあまりいい成績を残せなかったけど(CSで)いいバッティングを出せた。そういう意味ではシーズン中の悔しさ晴らせたのかなと思います。-5試合で44得点。
相手を上回った要因は工藤 誰がということではなく、チームが一つになって、とにかく日本シリーズに出るんだという強い思いが勝利につながった。試合に出るんだという強い思いを持って僕を励ましてくれたことはありがたかった。
全てのことが一つになれたことで勝てたんじゃないかと思います。柳田 一つはやっぱり雰囲気というか、監督、コーチの方がすごいやりやすい、伸び伸びと野球をやらせていただいた。みんなのモチベーションがすごい高くて、技術とかそういう部分じゃなく、メンタル面でチームが一つになったんじゃないかなと思います。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。