若き侍、難敵・メキシコ撃破で3連勝!主砲・内田が先制3ラン

○ 日本 7 - 2 メキシコ ● <現地時間10月21日 エドガー・レンテリア・スタジアム>  19日にコロンビアで開幕した『第2回 WBSC U-23ワールドカップ』。
3回には先頭の島田が安打で出ると、二死三塁となって堀内謙伍(楽天)が犠飛を放って7点目。
小刻みに得点を重ねた。投げては先発の阪口皓亮(DeNA)が3回まで1安打・無四球・5奪三振の快投を披露。4回に先頭に一発を浴び、5回は二死満塁のピンチを招いたところで降板となるも、残ったピンチは2番手・成田翔(ロッテ)が三振で切り抜けてピンチ脱出。
成田はイニングを跨いだ6回2失点と試合をつくる。7-2と5点リードで試合は終盤へ。日本は7回から登板した3番手・鈴木優(オリックス)がピンチを作りながらも無失点で切り抜け、8回は桜井周斗(DeNA)が締めて7-2で快勝。
“負けなし対決”を制し、初戦からの連勝を3に伸ばした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。