鈴木尚広氏、巨人の外野守備走塁コーチ就任を報告「逃げずに立ち向かって行きます」

22日にプロ野球・巨人の来季外野守備走塁コーチ就任が発表された球団OB・鈴木尚広氏(40)がこの日、公式インスタグラムで改めて報告した。
講演イベントや野球教室を通じ、人の心にストレートに物事を伝える技術は身についたのではないかとして「出会えた皆様に感謝しています」「得た経験をどのような「カタチ」で表現し、生かして行くのか。「カタチは変化していくものです。取り組み方次第で、無形なものにもなってしまいますと鈴木氏。
「「カタチとは何か。それは、巨人を強くすること。そのために自分は選ばれたと思っています。」
選ばれたことの責任を感じています。20年間、現役生活を続けてきたことは、私の強みだと思っていますと冷静に分析した。
後輩達にはユニホームを着て戦うプロの重み、技術面、精神面でプラスになるものを伝えていきたいと思いますと決意を述べた。枠にとらわれず、選手たちと距離を置かずに活発に動いて良い成果が出るように尽力したいと希望し、「現役の時から私に光を当ててくださった原監督。違ったカタチで役に立てることを光栄に思いますし、由伸前監督が育てた若い選手の力をもっと伸ばせるように、戦う集団を作って行きたいと思いますと抱負を述べた。」
最後に「ファンの皆様。勝ちに飢えていると思います。選手以上の覚悟を持って、逃げずに立ち向かって行きます。」
チーム、そしてファンの皆様と一緒に「カタチ」を作って行きましょうと呼び掛けた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。