<東京六大学野球>法大が勝ち点 明大4位、立大5位決まる

東京六大学野球リーグは21日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、第7週の2回戦2試合を行い、法大は序盤に大量点を奪って東大を降し、勝ち点4、9勝3敗1分けで今季を終えた。
27日からの早慶戦で、慶大(勝ち点3、7勝3敗)は連勝すれば勝ち点3、7勝3敗1分け)は連勝すれば勝ち点と勝率で並ぶ法大との優勝決定戦に持ち込めるが、2勝法大  150000110◆8  000002000◆2東大(法)高田、森田、河野太、新井、菅野-中村浩(東)有坂、宮本、小林大-三鍋(2)法大2勝法大  150000110◆8  000002000◆2東大(法)高田、森田、河野太、新井、菅野-中村浩(東)有坂、宮本、小林大-三鍋(2)法大2勝1敗なら勝率で上回る法大の向山「やるべきことはやった」 12季ぶり優勝の可能性を残す法大が、連勝で今季を締めくくった。
一回に内野ゴロで先制すると、二回には相馬(3年・法政二)言葉通り、その後の4試合全てに勝利し、向山は「やるべきことはやった」。
あとは吉報を待つばかりだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。