<高校野球>春日部共栄、競り勝ちベスト8 藤代に7―6 23日、4強懸け横浜と対戦

(秋季関東大会 22日・山日YBS球場)  第3日は1回戦の残り2試合と準々決勝1試合が行われ、埼玉県大会王者の春日部共栄が1回戦で藤代(茨城2位)に7―6で競り勝ち、ベスト8進出を決めた。
■9回に決勝点 春日部共栄は6―6の九回2死一、二塁から村田が左前打を放ち、左翼手の失策も絡んで二塁走者平尾が生還、決勝点を挙げた。三回には平尾、村田の連続適時二塁打で2点を先行。
先発のエース村田は藤代打線に10安打され、6失点したが、一度もリードを許さず完投した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。