【MLB】頂上決戦で“元広島対決” 前田、ブレイシアは「最も重要なセットアッパー」

レッドソックスとドジャースが世界一をかけて激突するワールドシリーズ(WS)が23日(日本時間24日)にボストンのフェンウェイパークで開幕する。
レッドソックスはMVP最有力候補のムーキー・ベッツ外野手と続く。そんな中、元広島のブレイシアは両チームで17番目、レッドソックスの主砲JD・マルティネス外野手、ドジャースは主砲ジャスティン・ターナー内野手と期待度の高い選手から名前が挙がり、その後も両チーム順番に注目選手を紹介。クリス・セール投手、クレイトン・カーショー投手の両先発左腕、レッドソックスでは9番目に登場。
寸評では頂上決戦に至るまでの苦労人の道のりにスポットライトを当てている。「8年前に、ブレイシアが2Aアーカンソーでノーヒッターを達成した時にも、そこまでのプロスペクトではなかった 昨年広島と契約した右腕は、外国人選手枠の問題で活躍はできず。今年もレッドソックスとは当初マイナー契約だった。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。