ソフトバンク工藤監督 ドラフトの目玉・根尾に熱視線「勝負師の顔」

ソフトバンクの工藤公康監督(55)がドラフト会議の超目玉でもある大阪桐蔭・根尾昂内野手に熱視線を送った。
勝負師という感じがする。「よし、やるぞというのが顔に出ている。ああいうのっていいじゃんと話した。」
当然ながらホレた理由は顔だけではない。投打にわたって活躍した高い身体能力は言うまでもない。かつてテレビ朝日系列の「熱闘甲子園」でキャスターを務めて数々の球児を見てきただけに“眼力”には説得力もある。
もとより根尾は1位指名候補でもある。しかし、早々に早実・清宮(日本ハム)に一本化した昨季とは異なり、今年に関しては「今年は他球団がどこにいくかも含めて考えないといけない」(球団幹部)との声も出ていた。根尾は競合多数が確実なことが悩みどころだ。
チーム編成は基本的にフロント主導になる。指揮官も就任以来、全権委任する方針を取っている。ただ、球団フロントの一人は「思うところがあれば言ってくれればいいんだよ」とも話す。
指揮官からの意見があれば大いに参考になるし後押しにもなる。また、工藤監督は金足農・吉田輝星投手についても高評価。1位指名ゼロの可能性が浮上していることについて「なんで少ないの? いい素材と思っているけど」と不思議そうな表情。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。