佐野日大惨敗も元阪神麦倉監督「いい経験ができた」

<高校野球秋季関東大会:桐蔭学園8-1佐野日大>◇23日◇準々決勝◇山梨・山日YBS球場 元阪神の麦倉洋一監督(47)が率いる佐野日大(栃木1位)は、桐蔭学園(神奈川2位)に1-8と惨敗。
昨晩、桐蔭学園の試合の動画を何度も繰り返し見た。「外の球を打てていないと外の配球を中心に組み立てた。しかし、試合が始まると、その外球を狙われ、真芯で捉えられた。」
それでも頭の中からは、前日の桐蔭学園の映像が離れない。「インコースの球を投げると打たれる心が体を支配して、思い切ってインコースに投げられないままに痛打された。「どうしても怖くて投げきれなかった…」とマウンドで立ちつくした。
「これで勝てば甲子園に出場できる可能性が高くなる、ということが頭の中に入って、思った通りに投げられなかった。僕の弱さです。自分のせいで負けた…」と肩を落とした。
麦倉監督は「いいボールを持っているのに。配球、状況判断をしっかりして投げられるようにならないと難しい。来夏に向けて、いい経験ができたでしょう」とエースを思いやった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。