若き侍、オランダを下して4連勝!楽天・近藤が7回12K無失点の快投

○ 日本 5 - 0 オランダ ● <現地時間10月22日 エドガー・レンテリア・スタジアム>  19日にコロンビアで開幕した『第2回 WBSC U-23ワールドカップ』。
この日も一死から相手先発の3連続四球で満塁のチャンスを作ると、安田尚憲(ロッテ)の当たりはセカンド強襲の内野安打となり、この間に二塁走者まで生還。2点を先制すると、なおも一・二塁から大河(DeNA)が走者一掃の2点適時三塁打。続く堀内謙伍(楽天)に犠飛も飛び出し、初回から一気に5点を挙げた。
大きな援護をもらった先発・近藤弘樹(楽天)は、立ち上がりからエンジン全開の投球を披露。初回を3者連続三振でスタートすると、4回まで1安打・7奪三振の快投。
初回の5点以降、打線は毎回のように走者を出しながらホームが遠い嫌な展開が続くなか、近藤はペースを乱すことなく好投を継続。6回に奪三振で無失点と圧巻の投球を見せた。
8回は水野匡貴(ヤマハ)が締めて快勝。追加点こそ奪えなかったものの、5-0で勝利した侍ジャパンU-23代表はこれで4連勝。あす、オープニングラウンド全勝突破をかけて地元・コロンビアとの一戦に臨む。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。