【侍U-23代表】DeNA大河が値千金の逆転2点打 完全アウェーでコロンビア撃破「楽しめた」

野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」(コロンビア)は開催5日目の23日(日本時間24日)、オープニングラウンド第5戦が行われ、すでにスーパーラウンド進出を決めているA組の日本は地元コロンビアを7-2で下し、無傷の5連勝を飾った。
逆転に成功し、大河は続く岸里亮佑外野手(日本ハム)の打席で相手投手の暴投で生還して追加点を奪った。一時1点差に迫られたものの、7回に3点を加えて突き放し快勝。5連勝で25日(同26日)からのスーパーラウンドに臨むことになった。
試合後、テレビインタビューに応じた稲葉監督は大河について「(打順を)2番に変えて、しっかり活躍してくれたと納得の表情。本人も「気持ちで行くしかないと思って、相手に攻める気持ちで向かっていきました」と振り返った。完全アウェーの雰囲気にも「最初は圧倒されたけど、楽しんでできました」と笑顔。
スーパーラウンドへ向けて「チームの雰囲気がとてもいい。この調子でどんどんやっていきたい」と意気込んだ。稲葉監督も「試合ごとに選手の結束力が増している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。