【MLB】エンゼルス監督候補の筆記試験は“入試並み”の9時間だった!? GMが明かす

エンゼルスの新監督に就任し、22日(日本時間23日)に本拠地エンゼルスタジアムで記者会見を行ったブラッド・オースマス氏。
エンゼルスのエリック・チャベスGM特別補佐、オースマスGM補佐、オースマスGM補佐、元名遊撃手のオマール・ビスケス氏ら候補者が受けた試験は9時間にも及ぶ筆記とテストですか。私なら突破できないでしょうが、どんなテストだったのですか?」 司会者に質問されたエプラー氏は「質問のいくつかは可能性をベースにしたもの。
「このような事態がフィールド上で起きる可能性についてのあなたの意見は?」等々です。我々は回答自体にはさほど関心はなかった。それ以上に、その結論にどのようにしてたどり着いたのかを知りたかったのです」と語った。
実際の試合中などの具体的な局面でどのような采配を振るうのか。その決断を下した論理的な説明をエプラー氏は求めたという。「候補者には(答えを)熟考してもらいたかったし、彼らのやるべきことを果たしてもらいたかったのです 9時間の入試の末に選んだオースマス新監督という選択に自信をみなぎらせていたエプラーGM。」
マイク・トラウト外野手、大谷翔平投手という魅力的なタレントを使い、2002年以来の世界一を目指すことになる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。