【MLB】大谷の二刀流の証が正式に“米殿堂入り” 展示開始を関係者が写真付きで報告

エンゼルスの大谷翔平投手が二刀流で正式に“殿堂入り”した。
4月には打者で月間最優秀新人に輝いている。ナショナルベースボール・ホールオブフェイムのジョン・シェスタコフスキー広報教育部門副社長は、当初から二刀流を証明する野球用具の“殿堂入り“を熱望。その理由について、今年7月には「オオタニの場合はルーキーとしてではありません。」
NPBでの実績からでもない。理由は二刀流。彼はメジャーの歴史でも極めて意義深い存在なのですと話していた。
投手のメジャーデビュー戦、4月1日(同11日)のアスレチックス戦で被っていたキャップは、大谷が早々に寄贈。すでに野球殿堂の「ホール・ニュー・ボールゲーム」というエキシビジョンのハイライトとなる最終ケース「現代野球」のコーナーで飾られていた。一方で、ヘルメットについては、壊れるか、新しいものを使うタイミングでなければ寄贈できなかっため、シーズン終了後の今月10日(同11日)に打撃用ヘルメットと肘・脛当てがクーパーズタウンに届いたことをシェスタコフスキー氏がツイッターで報告していた。
そして、この日、大谷の野球用具は二刀流のセットとなり、展示が始まったという。シェスタコフスキー氏は「4月1日のMLBでの投手デビュー時に着用した帽子と並んで、今シーズンにショウヘイ・オオタニが使用したエンゼルスの打撃ヘルメットが、本日展示された」とツイート。大谷の投打両方の写真、説明文とともに、キャップとヘルメットが並んで展示されている様子を公開している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。