【U-23W杯】プエルトリコ初勝利、“最強捕手”モリーナ監督「満足」も…スーパーRに進めず

コロンビアで行われている、野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は開催4日目の22日(日本時間23日)、オープニングラウンド第4戦が行われ、カージナルスの現役メジャー“最強捕手”、ヤディアー・モリーナが監督を務めるB組のプエルトリコがチェコに20-0で5回コールド勝ちを収め、4戦目で初勝利を挙げた。
(5回2安打無失点、6奪三振の先発)シドネイ・ドゥプレイもとてもいい投球をしてくれた。初勝利できて満足していると話した。だが、プエルトリコのスーパーラウンド進出はならなかった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。