巨人・原新監督が「選手たちに言いたい」こととは?

巨人は23日、読売新聞本社にて高橋由伸前監督の退任会見と原辰徳新監督の就任会見を合わせて開いた。
会見の中で退任する高橋由伸前監督は「3年間たくさんの声援をいただいたファンの皆様の期待に応えることができず、本当に申し訳なく思っております。私自身も非常に悔しい思いでいっぱい」と悔しさを滲ませた。監督退任に際しては「正直なところ、ちょっと疲れたな、というのが素直な気持ち」と話し、退任を考えた時期について「チームの勝敗の責任は常に背負うものと思って就任の時からやってきた。
3年目に入って、なかなかチームが優勝争いに加われない、そういった時期、夏場ぐらいから頭の中には少し出てきたのかなと退任の決断にいたるまでの経緯を説明。その一方で「常に新しい力はチームに求められていた。私がやっている間に少しでも多くの新しい力を作らなくてはならない、そういった思いは3年間、ずっとあった。」
今年、少しそういった選手が出てきてくれたことは私にとっては嬉しいことだったと若手の台頭を喜んだ。その新戦力としては今季、4番に定着した岡本和真が挙げられるが、高橋由伸前監督は「私一人の力ではない。何より選手本人の力」と称えた。
「勝って辞めるわけではない。勝つことを目標にやってきましたから、なかなか嬉しいことはパッとは浮かばない」と3年間を総括した高橋由伸前監督。現役引退から即監督に就任し、今回、初めてユニフォームを脱ぐが、「これも私にとっては新たなスタート、というか初めての経験。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。