阪神・矢野新監督のクジ運はいかに 競合の1位指名獲得に苦戦した過去

「ドラフト会議」(25日、グランドプリンスホテル新高輪)  阪神の矢野燿大新監督が25日、就任後初となるドラフト会議に臨む。
2008年以降の10年を振り返ると、一本釣りに成功したのは11年の伊藤隼太、16年の伊藤隼太、16年の大山悠輔。1位指名の第一回抽選の競合の末、引き当てたケースのみだ。
昨年は清宮幸太郎(早実)7球団競合となり、外れで安田尚憲(履正社)の獲得を目指すも、再び抽選で敗れ、馬場皐輔を獲得した。競合必至の今年のドラフトで矢野監督は根尾を引き当てられるか。【過去10年 ●松本啓二朗(早大)6球団競合→●藤原紘通投手(花巻東)6球団競合→○蕭一傑投手(奈良産大)=抽選者・南信男社長◇09年 ●菊池雄星投手(花巻東)6球団競合→●柿田裕太投手(九州共立大)3球団→○横山雄哉投手(早大)4球団競合→○蕭一傑投手(奈良産大)=抽選者・南信男社長◇09年 ●松本啓二朗(早大)6球団競合→●藤原紘通投手(横浜商大)2球団で競合→●柿田裕太投手(仙台大)2球団=金本知憲監督。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。