高校生中心の広島、大学生偏重の阪神 …過去5年のドラフト戦略【セ編】

25日、都内で2018年のプロ野球新人選択会議(ドラフト会議)が行われる。
育成ドラフトでの指名選手はカッコ内に記載)〇セ・リーグ広島 高校生15人(育成4人)社会人7人(育成4人) 明らかに高校生15人(育成0人) 明らかに高校生が多く、即戦力より2軍でじっくり鍛えて数年後の主力に成長させる志向。中軸を見ても鈴木誠也(2012年2位=中京学院大)、田中広輔(2013年3位=中京学院大)、田中広輔(2013年1位=二松学舎大付高)、丸佳浩(2007年高校生ドラフト3巡目=千葉経済大附)、クローザーの中崎翔太(2010年6位=JR東日本)と、高卒の生え抜きが占める。
ヤクルト 高校生11人(育成0人)その他2人(育成1人)大学生11人(育成0人)その他2人(育成0人)大学生11人(育成1人)その他2人(育成1人)社会人の即戦力が多い印象。山田哲人(2010年1位=東洋大)など主力野手には高卒も多いだけに、この辺で投打ともに若い高卒選手の伸びを期待したい。
巨人 高校生10人(育成1人)大学生11人(育成1人(育成1人(育成13人) 群を抜く育成選手の多さが特徴。特に独立リーグの選手を大量に抱える傾向がある。
FA補強が多い関係で、2013年4位奥村展征(日大山形高)がDeNAに人的補償で移籍している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。