【高校野球】東北新監督に大魔神・佐々木の“女房役”が就任 「歴史や伝統に恥じぬよう」

甲子園に春夏合わせて41度の出場がある東北の新監督に就任する富沢清徳氏が24日、同校泉キャンパスで記者会見を行い「歴史や伝統に恥じぬようなチーム作りをしていきたい」と意気込みを語った。
そういった歴史や伝統に恥じぬようなチーム作りをしてまいりたいと思いますと決意表明。五十嵐校長も「甲子園出場を目指し、強い東北高校のイメージを再構築する、決意を新たにする人事です」と期待を寄せた。東京都出身の富沢新監督は1983年に東北へ入学。
高校時代の3年間で甲子園に出場し、3年生だった85年には春夏連続で8強入りした。同級生には大魔神・佐々木主浩氏や阪神で活躍した葛西稔氏がおり、捕手だった富沢新監督は佐々木氏とバッテリーを組んでいた。「高校時代は3度、出場させていただきました。」
それが今、人生の糧になっている部分もあります。母校からお話をいただいたということは非常にやりがいを感じましたし、やってやろうという気持ちにもなりましたと富沢新監督。佐々木氏には電話で報告し、「「力になるから頑張れよと励ましていただきましたと激励を受けたことを明かした。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。