オリックス7位で“最後のPL戦士”東洋大・中川の指名権獲得

◇プロ野球ドラフト会議(2018年10月25日)  プロ野球のドラフト会議は25日に東京都内で開催され、オリックスが7位で東洋大の中川圭太内野手を指名。
1メートル80、75キロと均整の取れた体格で、安定した二塁手としての守備など共通点も多く、現役時代に首位打者、打点王を獲得した先輩になぞらえられる。休部騒動に揺れた高校時代は、主将としてチームをまとめて3年夏は大阪大会準優勝。球団関係者は「人物としても素晴らしいと聞いている」と評価し、16年夏に休部した名門からプロ入りする「最後のPL戦士」とも言われているが「(PL学園は)幼少の頃から強くて、あのユニホームに憧れがあった。
「野球部は復活してほしい。(自分が)最後だとは思っていません」。PLの灯を消さないためにも、プロでの活躍は不可欠。
名門校の思いを背負う「今岡2世」がプロの世界で輝く。◆中川 圭太(なかがわ・けいた)1996年(平8)4月12日生まれ、大阪府出身の22歳。尾崎小1年から野球を始め、尾崎中時代は泉佐野シニアに所属しU―16世界選手権に出場。
PL学園では1年春からレギュラー。
3年夏には日米大学野球とユニバーシアード大会に出場。1メートル80、75キロ。右投げ右打ち。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。