ドラフト会議 大阪桐蔭の根尾は6球団?

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が25日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。
計6球団が1位指名の方針だ。身長177センチと上背はさほどでもないが、遊撃手、投手、外野手など複数のポジションをこなし、高校通算32本塁打、150キロ超の球速を誇る。巨人の長谷川国利スカウト部長が「(投手をやるかは)本人の意向に沿いたいと話すなど、「二刀流での起用も十分にある。」
過去、ドラフトで最も競合したケースは野茂英雄(新日鉄堺-近鉄)らの8球団。昨年の清宮幸太郎(早実高-日本ハム)には7球団が指名した。最終的に何球団の指名が根尾に集中するか注目だ。
根尾の同僚で、今夏の甲子園で3本塁打を放った大型外野手の藤原恭大(きょうた)はロッテが1位指名を公表。同校は柿木蓮、横川凱(かい)の両投手も志望届を出しており、同一校から4人が指名される可能性がある。遊撃の守備に定評のある小園にはオリックスに続き、ソフトバンクも24日、1位指名を公表。
王貞治球団会長は「小園君でいく。守備も肩も打撃もいい」と明言した。夏の甲子園の活躍で「時の人」となった吉田は、最速152キロの直球が魅力。
好きな球団に巨人を挙げたが、吉田は「プロの世界に入れるのであればチームは関係ない」と12球団OKの姿勢を示す。競合を避けたい球団が“一本釣り”を狙う可能性もある。大学生では、東洋大の「150キロトリオ」が注目されている。
1試合20奪三振の東都リーグ記録をマークした上茶谷(かみちゃたに)大河、187センチの本格派右腕の日本通運の生田目翼が評価を集めている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。