ドラフト直前 異例の6球団が指名公表、吉田輝星は1本釣り? “外れ1位”?

10月25日、17時から都内のホテルで2018年のプロ野球ドラフト会議が行われる。
ヤクルト、巨人、中日が根尾昂内野手、そしてロッテが藤原恭大外野手の1位指名を公表した根尾には最大で7球団が指名を公表するのは異例のことだ。
このほかにも上茶谷大河投手、松本航投手、梅津晃大投手、甲斐野央投手、梅津晃大投手、松本航投手、辰巳涼介外野手といった即戦力として期待できる選手もおり、残り6球団の動向が注目される。その一方で、大きな注目を集めながら、なかなかドラフト1位として名前が挙がってこない。
一時は“相思相愛”と報じられていた巨人は根尾の指名を公表し、地元東北の楽天も、選手名こそ公表していないが、野手を1位で指名するとしている。この他の球団によって、一本釣りとなる可能性は大いにあるし、“外れ1位”での指名となるかもしれない。ドラフト会議が始まるまで、あと、わずか。
今も各球団のスカウト、編成担当者では水面下で情報戦が展開されていることだろう。一体、ドラフト1位として指名されるのは、誰だろうか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。