ドラフト1番人気 大阪桐蔭・根尾は走行守投それぞれに欠点

今年の1番人気は間違いない。
副キャプテンとしてチームを甲子園春夏連覇に導いたようにリーダーシップも備えている。各球団がゾッコンなのも納得だが、だからといって6球団、7球団の指名が競合するほど抜けた存在なのか。欠点はないのか。
「足と打撃、それに守備にも問題はある」と、在京球団のスカウトがこう続ける。「侍ジャパンの壮行試合で同じドラフト候補である早大の小島からセンターオーバーの三塁打を放ったように、走ること自体は遅くない。けれども、小園や藤原と比べると走力というか脚力は物足りない。
打席で踏ん張る力が不足しているように思う。打撃は始動するときにバットが少し、背中の方に入るため、ボールを最短距離でとらえられない。つまりバットが遠回りして出ているのです。
それにショートとしてはグラブさばきが硬い それなら投手としてはどうか。根尾は甲子園やU18でも登板しているが、在京球団の編成担当はこう言った。「投手としては厳しいんじゃないか。」
球は速くても、細かいコントロールがない。ボールが上ずるから、長打を食らうケースが多いのです。9イニング通して、低めにズバズバ決まることが1試合でもあれば問題ないと判断するけど、担当に聞くとそうじゃない。
どんな試合でも制球がバラつくというんだな。こういうタイプの投手はプロで苦労すると思う ちなみに巨人の長谷川スカウト部長は「本人が投手をやりたいということなら、彼の意向に沿うと(原)監督も言っている」と二刀流を容認する考えを明かしたが、本人は指名を受けた球団の方針に従うとした上で「自分の中ではショートでいきたい気持ちが強い」とコメント。根尾自身が投手としては「疑問符が付く」ことを自覚しているようだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。