平成最後のドラフト 大物獲得、くじ引き強運チームは…意外にもあの球団

平成最後のドラフト会議が25日、都内のホテルで行われる。
12球団、“平成最後の大物”を釣り上げる強運チームはどこなのか? 2010年以降のデータをひもとくと、一番多くのドラ1くじの当たりを引いている球団はロッテ。2010年の清宮幸太郎と外してはいるが、2度目の入札で競合したそれぞれ、伊志嶺、松永、佐々木、安田をゲット。
11回クジを引いて7回当てており、勝率では12球団ダントツの強運ぶりだ。逆にツキのなさを感じるのは2017年に西武と競合した田嶋大樹の交渉権を手にしたオリックス。
田嶋を外して2度目の入札となった増田を広島との競合の末に獲得するなど、2回当たりくじを引いている。それでも近年は果敢にくじ引きに挑んでいるチームは多く、4回クジを引き、10年に大石、12年に東浜を外して2度目の入札となった増田を広島との競合の末に獲得するなど、2回当たりくじを引いている。
一方で13年には松井裕を指名も外して、柿田、岩貞とさらに外したことも。セ・リーグではヤクルト、阪神が最多の11回クジに挑み、ヤクルトは10年に外れ外れ外れ1位で山田哲を獲得するなど、3回の当たりを引いている。
阪神は藤浪、高山ら“3勝”。この2球団に次いで10回のDeNAは1度目の入札で守護神・山崎の交渉権を獲得するなど、“2勝”している。巨人は10年以降、当たりクジを引いたのは1回だけ。
直近は昨年の清宮ら5連敗を喫している。どこの球団にドラフトの女神が微笑むのか、目が離せない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。