西武 日体大・松本投手を一本釣り!渡辺SD「びっくり」も「ある意味、正攻法でいった」

プロ野球のドラフト会議は25日、都内で行われ、11球団が1位指名で高校生野手を指名する中、西武だけが日体大・松本航投手(21)を単独指名して交渉権を獲得した。
高校生にいかないところは、来る可能性があると思っていた。単独で松本君を指名できたのはよかったと満足げな表情。今季パ・リーグで優勝しながらも防御率は最下位。
クライマックスシリーズでも投手力の補強が最優先事項とされている西武。ドラフトと言えば、かつては“隠し玉”の指名もあったが「きょう集まった時に話しをして、一番の評価したのは松本君。ある意味、正攻法でいったというところ」と直球勝負のドラフトとなった。
それでも、1位指名を公表しなかったのは「当然、戦略的なところもあった」とした。また、2位には地元埼玉の浦和学院で今夏の甲子園でチームをベスト8に導いた渡辺勇太朗投手(18)を獲得。「残っていないと思っていたけど、うちにとっては地元の選手ですし、よかったな。
100点に近いドラフトだと思うと満足そうだった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。